バルクオムの口コミ

バルクオムの魅力「まずは男性の肌から知ろう!」

乾燥肌を嘆く女性は多いですが、実は、男性の肌の方がもともと水分量は少ないのです。だから、その水分を守るために、皮脂がたくさん分泌され、ベタつくのです。つまり、ベタつくのは、男性の肌の特徴なのです。さらに、 仕事でのストレスや不規則な生活、紫外線、脂の多い外食、加齢などによって、いっそう悪化するのです。

 

  • 顔ばかり、手でこすっている
  • どうも顔が、ベタベタする

こういった経験ないでしょうか。正直に言うと私は「肌の手入れ」なんてしたことが無かった。洗顔はしますが、洗顔料もスクラブタイプや激落ち商品やGATSBYの爽快ペーパー洗顔などをいつも選んで買っていたのです。それがダメだと知らずに・・・。

 

基本的にこういった商品は過剰に皮脂を落としてしまいます。実はここで、「必要な皮脂までも落とす結果」になっているケースがほとんど。ペーパー洗顔で何度も拭いていたり、洗顔をこまめにしている。なんて方は要注意。皮脂が無くなると、出そうだそうとより分泌しべたつきが悪化していく事になります。

 

更に、男性は髭を剃ります。それによるかぶれにも注意しないといけません。

 

乾燥対策してますか?皮脂が多くテカっているから大丈夫なんじゃないか。そう勘違いしている人も多いんです。テカっているのって、肌に水分が無くなり乾燥している状態でなりやすく、実は多くの男性が乾燥肌だと言えます。洗顔後にケアをせずに少し時間を置いてみてください。ツッパリを感じたりすると要注意で乾燥肌の可能性大です。

 

ここで保湿をしてあげることが重要なのですが、洗顔の後に保湿ケアしてますか?俺、してる!と答える人は少ないのではと思います。実際に今は、男性でもお肌の手入れをする時代です。ということで、「バルクオム(BULK HOMME)」をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

 

 メニュー

これ知ってた?【洗顔料・化粧水・乳液】

  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 乳液

この3つ。全て何をするものか答えられますか?私は洗顔料しかわからず、化粧水は名前だけ知っている程度でした。結婚されている方だと、もしかしたら知っているかもしれません。

 

最近では、ニベアメン・メンズビオレ・GATSBYなどで化粧水の販売が増えてきているので化粧水までは知っている!という人もいるはず。ですが、乳液はどうでしょう。ここまでされている方は本当に少ないと思います。

 

そこで、まずはこの3つの【洗顔料・化粧水・乳液】について解説しようと思います。

 

洗顔料

洗顔料とは、顔を洗い整える為に開発されたもの。普通に“洗う”だけだったら石鹸とかでいいけど、洗顔料は違う。顔だけの為に使うもの。

 

顔を洗うことに関して、人それぞれ悩みは違う。美白・エイジングケア・保湿・さっぱり・角質落とし・マッサージなど、その他にはその時流行りの成分が入ったものなど様々で、悩みに合ったものを選んで購入してる。“洗顔”であり“顔料”でもあると思うから、“なりたい顔”の為に使うもの。

 

あとは、クリームタイプのものや泡タイプのものもあるし、香りも様々。リラックスも洗顔料の魅力だと思う。好きな質感と好きな香りで顔が包まれていると、とても幸せな気持ちになるんです。

 

他には、洗顔用のグッズもあったりするし、老若男女それぞれに合ったものまで存在する。それだけ誰もが求めるもの。それに、一番目につく身体のパーツが顔で、きちんとケアできているかで印象は違うし、化粧水・乳液・美容液等でケアする前にまずは洗顔。

 

どれだけ洗顔料を重視するかで、その人自身のステータスは決まるんじゃないかな。つまり“洗顔料”とは、“洗顔”と“顔料”の両方を併せ持ち、それらは人の魅力を引き出し印象付けるものだと思います。

 

化粧水

自分たちの時代は、「男が化粧水なんてつけるか」と思っていましたが、現代の若者ではあたりまえになりつつあります。それに影響を受け、自分も化粧水をするようになりました。

 

男性が化粧水をつけた方がいい理由として、冬の気温の低下などで空気が乾燥して肌がカサカサに乾いてしまいます。男の肌は、皮脂が多いので、ほおっておくと脂っぽくなります。それがシワやくすみの原因に。

 

その乾燥肌を対処するのに、化粧水をつけます。ただ顔に塗るだけではなく、洗顔から大事になってきます。洗顔で肌が綺麗になったら化粧水をつけるのですが、直接肌に浸けたらダメです。コットンに1度染み込ませてから肌に乗せるように染み込ませていきます。

 

化粧水をつけるのに抵抗がある人はスプレータイプの化粧水も出ているのでおすすめです。細かい霧を直接、肌にかけるだけなので、朝時間のない時や初心者の方には手軽でいいですよ。

 

今の男性は女性と同じようにお肌のケアが大事です。女性に負けないような綺麗なお肌を手にいれたいですね。

 

乳液

乳液は主に化粧水を使ったあとに使用するスキンケアなのですが、その順番が大切になってきます。というのも、乳液には油分が10%〜20%含まれているので、化粧水を塗った肌にしっかりと蓋をして水分の蒸発を防ぐ効果があるからです。

 

その結果、肌にしっとりと潤いが浸透して乾燥を防いでくれます。乳液はベタベタするから苦手という方もいらっしゃいますが、乾燥はお肌の大敵。シワの原因にもなり得るのできちんとケアしたいですよね。

 

乳液には主に三種類あります。普段のスキンケアに使用する「保湿乳液」、日焼け止めの効果がある「UV乳液」と、化粧下地として使用できる「ティント乳液」です。このティント乳液は、ほんのりと色づいています。

 

色々あるとどれがいいのか悩んでしまいますが、例えば夜は保湿乳液でしっかり、今日は日中ずっと外にいるなというときはお出かけ前にUV乳液、朝の時間がなくてゆっくりケア出来ないときにはティント乳液で少し時短してみる、なんて使い分けてもいいですね。

 

今はたくさんの種類が販売されていますので、まずは一度ドラッグストアなどで商品を見比べて一本買って試してみるのも良いと思います。

バルクオムの成分

男性の肌は、もともとベタつきやすい。そこで、登場するのが、「バルクオム」です。まず、洗顔料で洗い、泥の一種であるクレイミルラルズとベントナイトの粒子が毛穴から皮脂を取り除いてくれる。だから、肌がサッパリと清潔に。

 

次に、バルクオムの化粧水。これにはリンゴ幹細胞エキスが含まれているのです。特に男性の場合、リンゴ幹細胞エキスと言われても正直わからないと思います。実際試してみるまで私も、なんだそれ?って感じだったので。

 

■リンゴ幹細胞エキスとは

バルクオム成分の1つであるリンゴ幹細胞エキスというのは、スイスの希少なリンゴ(ウトビラー・スパトラウバー)から抽出したエキスです。このリンゴは、収穫後4か月経っても腐らないことで話題になりましたが、それはその幹細胞に由来することがわかったのです。リンゴ幹細胞エキスとは、その幹細胞から得られたエキスのことです。このエキスが、乾燥しやすい男の肌の潤いをしっかりと守るのです。

 

そして、最後はローションで保湿。「スクラワン」という保湿成分が配合されているから、補給した潤いを逃さず保持しながらも、ベタつきがなく、何もつけていないサラッとした感じにしてくれます

 

■スクワラン

スクワランはもともと肌がもっているうるおい成分で「天然のクリーム」とも呼ばれています。「スクワレン」と名前は似ていますが、実は別物。「スクワラン」は哺乳類や植物に含まれている「スクワレン」を水素添加させた無色透明の液体なのです。

 

「天然のクリーム」とも呼ばれるので乾燥や紫外線から肌を守ってくれていますが、20〜30代になると激減してしまう成分でもあるのです。つまり、この「スクワラン」が減少して小じわや乾燥となり肌が老化していってしまいます。 スクワランは、肌への親和性が高いため肌になじみやすいことも特徴です。保湿効果も高くお肌のバリアとして雑菌からお肌を守ってくれます。

 

また、酸化や変質の心配がほとんどないため化粧品成分の中でも安全性が認知されており、石油から作られた合成油脂と違ってお肌のトラブルがほとんどないことも特徴です。他にも、人間が行う皮膚呼吸も一般的なクリームは皮膚呼吸を止めるという危険性があるのですが、スクワランは皮膚呼吸を妨げないという安全性も認められています。

 

■洗う・潤す・守る

さらに、バルクオムには肌の奥まで潤いを与え、水分の蒸発を抑える加水分解シルク、肌のキメを整えて滑らかにするセイヨウシロヤナギ樹皮エキス、肌の清潔感をキープするチャ葉エキスなどが、バルクオムの洗顔料・化粧水・乳液のすべてに配合されています。

 

これらの成分の相乗効果で男の肌を守るのです。もちろん、リンゴ幹細胞エキスもすべてのバルクオム商品に配合されています。また、やや甘みのあるフローラル系の香りが心に余裕をもたらしてくれるのも良いですね。

何故バルクオムを選ぶのか

私がバルクオムを選ぶ理由は、他の洗顔料と違い『生せっけん』を使用しているから。通常の男性用洗顔料は、男性が最も気になるてかりを落とすことを重点にしています。

 

最近、ペーパー洗顔でも「ヒアルロン酸配合」とかって見ませんか?今までではそういったものを私も買うなんて考えもありませんでした。それだけ男性の美容への関心が高まっていると言うことだと思います。

 

生せっけん

新タイプの洗顔料である「生せっけん」は、皮膚に元々あった脂質で擬似的な皮脂膜を作り出します。どんな効果かと言うと、最初にお話した「必要な皮脂までも落としてしまう」それによる乾燥の加速を防止するのです。

 

肌の汚れを落とすパワーはそのままに、洗った後のつっぱり感は無くしっとりしている状態。そんな潤い肌へ導いてくれる洗顔料が生せっけん。弱アルカリ性で、実は弱酸性よりも安全で洗浄パワーも高いのです。

 

バルクオムは男性の悩みに答えてくれる

一番欲しい効果は「べたつかない肌」そして次に、「シェービング時にヒリヒリしない」事ではないでしょうか?

 

べたつかなく保湿もしてくれる。そんな商品はなかなかないですよね。そんな欲張りとも思える欲求に答えてくれたのが「バルクオム」でした。

 

昔はスーッと爽快な清涼感「メントール」配合の物が多く、男性用と言えば清涼成分が入っている商品なほど多く私も買っていました。だけど、シェービングをするとそれがデメリットとなりヒリヒリしたりすることがあるのでその清涼成分はバルクオムには配合されていません。

バルクオムの口コミ評価は?

バルクオムの口コミをちょっと調べてみました。やはりバルクオムの評価はさまざまです。

  • バルクオムで効果が実感できた
  • バルクオムはトータルで使い心地がよい
  • メンズの肌に抜群

 

という声もありましたが、逆に、「バルクオムの効果はない」、「バルクオムは肌が突っ張る感じがする」、「バルクオムでニキビが増えた」という声もありました。自分の肌に合うかあわないかという個人差がやはりあるのでしょう。

 

バルクオムの化粧水が刺激が少なく、痒みも発生しないので使いやすかったです。また肌のガサガサ感もなくなり、一気に若返った気分です。パッケージのデザインもシンプルで男性向けによく考えられてるなと感じます。日焼け止めはサラサラしているわりに汗で落ちにくいのが良かったです。
洗顔、化粧水、乳液、日焼け止めとセットになっているので、今までメンズコスメに手を付けてこなかった初心者の方でも取り組みやすくなっており、これからますますバルクオムの使用者は増えていくと思います。(32歳)

 

また、今はキャンペーン中でバルクオムのスターターコースは初回500円ではじめられます。肌の変化は短期間で変わるわけではありません。本気で男磨きをしたい!そんな方は、お得な初回500円を利用してまずは3ヶ月チャレンジしてみてください!今までの肌と変わってそこには見違える自分がいますよ。

 

 

▼   ▼   ▼

更新履歴