男の油性肌撲滅

男の油性肌撲滅の4大要素

「油性肌」というと、乾燥肌の逆の状態と思いがちですが、実はまるで違います。

 

乾燥肌は「水分」が不足していることを指しますが、油性肌は何らかの要因で油分(皮脂)が過剰に分泌されていることを言います。つまり、両方を併発することもあり、その場合「油性乾燥肌(オイリードライ肌)」と呼ぶそうです。

 

皮脂は、汗と混ざって「皮脂膜」を形成し、外部からの刺激から肌を守っています。他にも角質がはがれないように保護する効果もあると言われます。

 

本来肌を守るために適切に分泌される物なのに、何故肌トラブルの原因になってしまうのか。それを解説していきます。

 

油性肌の原因

皮脂腺から分泌される油量は常に一定ではなく、例えば思春期のニキビのように、何らかの外的要因で刺激を受け、「過剰分泌」を起こすことがあります。

 

それから、「ニキビ」のように原因がハッキリとしていればいいのですが、「油性肌」はある一定の物が原因とは限らないようです。

 

いくつか例を挙げていくので、ご自身に当てはまるものを探してみてください。

 

スキンケアが正しくない

油性肌対策には「保湿」が重要とされます。理由としては、肌の水分が減ると、それを防ごうと肌に油膜を張ろうと皮脂腺が頑張るからです。肌の「お手入れ」は年代によっても変わりますし、また、過度な手入れも、肌本来の「ターンオーバー」機能を損なう結果となり、油性肌を誘発するのです。洗顔は一日一回で十分で、強力な洗剤も必要ないそうですよ。

 

生活習慣の乱れ

生活習慣が乱れると、ストレスが溜まり、肌トラブル以外にも色々と引き起こします。ストレスの他のも睡眠不足や、過度な飲酒や喫煙も肌に良くはありません。また、生活環境も乾燥したエリアなどにいると、水分確保のため皮脂を多めに分泌する傾向にあるそうです。

 

食生活が良くない

食べる物によっても分泌量に違いが出るようで、中性脂肪になりやすいものや、血糖値を急上昇させる物は避けた方がいいでしょう。また、ビタミン類(B2、B6、C)が不足すると過剰分泌になりやすいそうなので、これらを積極的に取ることもお勧めします。

 

ホルモンバランスの乱れ

男性は「男性ホルモン」や「コルチゾール」、女性は「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というホルモン物資によって皮脂が過剰に分泌されることがあるそうです。

 

プロゲステロンは女性特有物もので、排卵日あたりに活発になる物質だと言われています。これらは総じて「男性ホルモン」に似た物といわれます。

 

まとめ

 

肌のトラブルはなかなか人に言えないことも多いと思います。特に「敏感肌」というわけでなくとも、やはり肌はデリケートなものであると念頭に置いて、体に気を付けていれば自然と回復していくかもしれませんね。

 

「お手入れ」のしすぎにも注意して、スッキリ元気な肌を手に入れましょう。

バルクオム「BULK HOMME」男のスキンケア。
モテる男はスキンケアもしっかりと行っています。男性美容の答えがここに。